オンラインカジノの違法性

4630万円の田口翔容疑者。ネットカジノに使ったって言ってたけど、あれから?

結論から言いましょう、オンラインカジノは違法では無いです。

そもそも日本の法律でオンラインカジノに関する法律が無いので、オンラインカジノを取り締まる事ができません。

オンラインカジノを日本でやってて、日本で運営してたらそりゃ普通のオンラインとは言え日本で賭博してるから捕まるでしょうが、オンラインカジノそのものは海外で合法でやっています。

一節には海外では4000万人と言われてるカジノプレイヤーが居て、現地の莫大な収入源となっています。

これをわざわざ見過ごす人はいないでしょう。

何の違法性もないし。 そもそも古来より、人間はギャンブルが好きなので、これを取り締まる方が人間性の否定と言わざるを得ないでしょう。

それでも駄目なんだ、とにかく何が何でも駄目なんだ?

というのはその人のわがままでしょう。

長らく日本は前例主義で前例が無いものはとにかく規制すると言った人権を無視した法体系がまかり通っていました。

しかし、その規制を取っ払えば今まで何の権益も無かった人たちが「やってもいいからやる~」と言って手のひらを返します。

それでいいんでしょうか?

個人でも会社でも働いても二束三文な世の中で規制を突破するために尽力を尽くしてた人の努力を無駄にするんでしょうか?

そんな事をするぐらいならネットで意味不明なイチャモン付ける人をどうにかしてください、マジで。 雑言です。 ちょうどネットによる誹謗中傷が規制されないなら、私は臆すること無く、オンライカジノの違法性の無さを叫び続けます。

本当はしたくてしたくてたまらないのに、誰もやらないからやらないなら、せめてあなた達は言わないで欲しい。

これは明確にオンラインカジノ発展の努力を無視した妨害です。

マスコミの御用弁護士が何を言っても怯むことをしないでください。

オンラインカジノは違法だからやらない方が何もないんじゃないの?

オンラインカジノは海外に拠点があるため、日本の法律では裁けません。 本当に裁けないのか?

というのであれば、貴方は海外にいって、何罪で捕まえるのですか?

そんな権限もないのに。

単にネットとリアルで無責任に発言してるだけですよ。

違法性があるなら違法性がある提示をして欲しいですね。

どんな法律的根拠に基づくか見解を述べて欲しい。

決めるのは貴方ではないです。

オンラインカジノは合法なのか?裁判所が決めてます。

オンラインカジノの取り締まりについて。 結局はっきりとした事はわからないのだから、憲法や法律を調べて見ました。

日本は基本的に、刑法185条と186条に、

『競馬などの国で認められているもの以外のギャンブルをすることを禁じる』 『ギャンブルをする場所を提供することを禁じる』

などがあります。

海外でギャンブルする事自体合法、もしくは日本で場所を提供すると違法になります。

またオンラインカジノに関する法律はないため、そもそもオンラインカジノを取り締まる法律がありません。

言葉の綾と言うか、屁理屈の様に聞こえますが、法律は全てこの様になっています。

書いてないものは違法じゃない。

警察も月光仮面の様な正義の使者じゃないから不当捜査で取り締まることはあります。

でも量刑は課されません。

あくまで逮捕されたら心象が悪くなる懲罰的な意味合いを持ちます。

こんなものに怯えては相手の思うつぼ

オンラインカジノで遭遇した事件3選

2016年2月 NetBanQ事件

カジノ自体はオンラインカジノを使っていたのですが、換金が違法でした。 プレイヤーは逮捕されてません。

2016年3月 スマートライブ事件

オンラインカジノも海外でやってました。 運営も海外でした。 でも一つだけ日本人ディーラーが日本語で日本人にサポートをしていました。 そこを罪に問われた様です。 しかし、一人のプレイヤーが不当逮捕だと裁判で争った結果、無実を勝ち取りました。 ここに警察は取り締まっても、裁判では関係ないという事実が残りました。

ドリームカジノ事件(運営者が逮捕)

いわゆる日本人が日本でオンラインカジノを経営していた為に逮捕されました。

これは明らかにアウトですね。だって日本でやってるんだから。

カジノ経営者も違法性に問われるなんて少しは考えなかったんでしょうか? これは脇が甘かったとしか言えません

オンラインカジノを判別する基準

それはライセンスと第三者機関の確認です。

それはホームページに記載されてるものです。

よーく見ればちっちゃく書いてあります。

URLは偽装というか正式なURLは偽装できません。

かならず正式な手続きが必要なのです。

だからここを見ることにより、不正が暴けます。

なので、このページをブックマークしておいて下さいね!

どうなるとオンラインカジノで捕まるの?

それは日本にあるインカジ、カフェカジノというものです。

これらは店舗型の運営をしており、例えギャンブル自体がオンラインカジノだったとしても、

『ギャンブルをする場所を提供することを禁じる』

の刑法186条に抵触する恐れがあります。

日本からアクセスするのは問題なくても日本で賭博場を開帳するのは賭博開帳図利罪にあたります。

「じゃあ日本でやってなければいいの?」というと語弊があるかもしれませんが、少なくとも日本の政府が関与する事はないでしょう。

海外の法律まで日本が裁けることはありません。

PCやスマホだとどこで海外なのか確認する事は難しいかも知れませんが、その見極め方を後日、確認したいと思います。

オンラインカジノの違法性のネット動画まとめ

これを見て学習して下さい。 弁護士の方の解説動画 インフルエンサーの西村博之(ひろゆき)さんの見解

5分でわかる!オンラインカジノって違法?合法?【オンラインカジノ】【法律】【違法、合法】

【衝撃!】ベラジョンカジノは違法?合法?法務省に電話して聞いてみた!【オンラインカジノの危険性】

https://www.youtube.com/watch?v=a-KrC33m2kg 法律自体成立してないのだから、後は個人の判断によります。

まとめ

いかがでしたか? オンラインカジノは比較的新しい概念なので、常に違法かそうじゃないかと言われてますが、そうならないための仕組みを現在構築中です。

だから最初期の頃と比べ、今は飛躍的に違法性がなくなりました。

法律も時代に合わせて変化していきます。

変わらないものは変わらないで、変わるものは変わります。

よければこのページからアカウント登録&入金をお願いします。

エルドラード公式サイトはコチラ↓

画像タイトルや代替えテキスト